サプリメントは誰が飲んでも大丈夫なの?

 サプリメントを飲むのに年齢制限はありません。なぜ?サプリメントは食品ですから誰が飲んでも大丈夫なのです。

[スポンサードリンク]

 しかし、薬を服用中など病院に掛かっている人は必ずお医者さんに相談してください。

 日本では、サプリメントを飲むのは大人だけのように思われがちですが、子供がとってもなんら問題はありません。

アメリカでは誰がサプリメントを飲むのか

アメリカでは、赤ちゃんのころからサプリメントを飲むことが多いのです。小児科のお医者さんもサプリメントを飲むことを薦めます。

なぜなら、赤ちゃんと同様に子供は体の成長が著しい時であり、とても体の成長にとって重要な時期であるからです。ある意味大人より子供の方が必要といえるでしょう。特に現代の子供の食事のバランスはよくないですからね。

そして、高齢者です。アメリカでは高齢者の夫婦が一緒にスーパーや薬局でサプリメントを選ぶ姿は珍しくありません。

日本でも最近、そのような姿を見かけるようになりましたね。これには、今後老人の医療費負担が増えると予想されているため、予防のためにサプリメントを飲む人が増えているようです。

高齢者も1回の食事の量が減り、そのために十分な栄養素を取れない傾向にあります。ですから、サプリメントを飲むのになんら問題はないのです。もちろん、普通の人が飲んでも構いませんし、病気がちな人はなおさらお薦めです。

私が一時期入院していた時、お医者さんが本当はビタミンなどを上げたいのだけれど、法律が変わって上げれないので自分で買って飲んでくださいと言われました。

つまり、サプリメントを飲むのは、全世代をとうして飲んで大丈夫ですし、健康であろうと無かろうと全世代で飲むべきです。っとちょっと言い過ぎですね。

[スポンサードリンク]