サプリメントは現代人に必要なのか?

サプリメントといっても色々ありますが、まず代表的なのが私達人間の体を作っている栄養素のサプリメントで、特に現代人に不足しがちな、『5大栄養素』のなかの2つである、『必須微量栄養素』のビタミン・ミネラルです。

[スポンサードリンク]

以前はビタミン・ミネラルというと欠乏症さえ起こさない程度に必要なもので、もし欠乏症を起こしても、薬として補給すればよいと言った程度でした。

しかし、それでは体にはよくないことが研究結果でも分かっています。そして、現代人の飽食時代では欠乏症になることは無くなり、ビタミン、ミネラルは必要無くなったと思われていますが、実は現代人の食生活は『カロリー過剰、微量栄養素不足』になっているのです。

現代の食生活とは、肉類中心の欧米型食生活が主流となり、忙しい現代人の食卓には、便利な加工食品やレトルト食品が並ぶことが多くなりました。しかし、これらの食品は電子レンジや熱処理によって栄養分が分解し、壊されてしまっていることが多いのです。

また、様々な食品添加物によってビタミン・ミネラルの成分も壊されてしまいます。
食品添加物の多くは、体内に入ると有害な活性酵素を増やし、それがまた体内のビタミン・ミネラルを損失することにつながるのです。

そして、新鮮な食品である野菜や果物、海藻類などはビタミン・ミネラルが多く含まれていると思われていますが、最近のそれらの食品、特に葉もの類の野菜の栄養価が大幅に低下してしまっているのです。

その理由に、化学肥料や農薬・環境汚染などによる土壌そのものの栄養価の低下が一番の原因です。また、穀物類も精製されすぎて、ビタミン・ミネラルをはじめとする多くの栄養価が減少しているのです。

このように、現代人の食生活がを振り返るとはたして、ビタミン・ミネラルは、カロリーに見合う、バランスの取れた量をとることが出来ているでしょうか?

日本人には何が必要なのか

日本人には、米を主食とし、野菜や海草などを中心とした食事が一番よいのです。また、現代の日本人はアメリカ人より野菜の食べる量が少ないのです。日本人には肉食は向いていないのですがね・・・

アメリカは、国の役所がそのような指導をしています。日本もやっているようですが、力の入れようが全然違います。そのせいか、アメリカでは癌の発生率が少しですが下がっていますが日本では上昇しています。

現在の日本は、子供や若者に人気のファーストフードやインスタント食品、また忙しい現代人は朝食を抜き、昼夜は外食中心の食事。子供のおやつもスナック菓子、夜食はコンビミ弁当・・・・過度なダイエット・・・・これらをみて一体栄養バランスが保たれているといえるでしょうか?

欧米型の食文化は実は『カロリー過剰・微量栄養素不足』を招きしいて、生活習慣病なども招いているのです。皮肉なことに、欧米社会では、日本の食文化が健康食としてもてはやされて色々な形で取り入れられています。
 

反対に日本はどんどん欧米の食文化になっています。ビタミン・ミネラルは『微量栄養素』を言われるほど、『微量』しか必要とされていませんが、その微量をとることさえが難しい食生活を現代人は送っているのです。

[スポンサードリンク]