サプリメントと薬の違い

日本の法律では、人が口から摂取するものは、『食品』か『医薬品』のどちらかしかありません。そして、サプリメントは基本的に食品として扱われているので、薬のような医薬品ではありません。

[スポンサードリンク]

健康保持・増進のために利用される補助的な食品であくまで、日頃不足しがちな栄養を補うために
利用する食品です。

薬は、色々な症状に対してその治療、又は予防を目的に使用されます。つまり何らかの明確な効能・効果を得るために使われるのが薬です。

よく医薬部外品などと医薬品とも関係しているような表示がありますが、これも食品ですから、野菜や果物・スナック菓子などとなんらかわりありません。

また、確かに錠剤やカプセルなどを食品をして捉えるのには、多少の違和感があると思いますが、食品に属するのです。

薬のように『医薬品』の場合、病気の治療などを目的とした、効能を表示することができます。『・・・に効く』『・・・の予防に』などです。

しかし、サプリメントは食品ですから、その様な表示は一切していけないのですが、市場に出ている中でそのように表示,または似たように表現をしているものが多いのも確かです。

薬のように『医薬品』の場合、製造・販売するのに国の厳しい審査・規制が必要ですが、サプリメントのような食品は国の審査などは必要なく、誰でもそう!あなたでも容易に製造・販売できます。(とはいっても簡単ではありません。)

その反面、信頼性の問題があります。

サプリメントの誇大広告

以前から『・・・に効く』『・・・が治る』などと謳ったサプリメントが後を絶ちませんがその言葉を安易に信じ無いようにしなければなりません。

特にダイエット関連のものは非常に多いですので気をつけてください。中には、重い障害や死にいたることもあります。ある国のサプリメントは特に注意!

薬やサプリメントだけで痩せることは絶対に出来ません。

また、アメリカ製のサプリメントの場合、国のちゃんとした基準のもとで作られているので、日本のサプリメントよりある意味安心することが出来ます。

リンク先は、厚生労働省の指針PDFです。
アメリカのダイエタリーサプリメントの製造、包装、表示および保管のためのcGMP

中には、薬と同じ基準、医薬品基準で作られたサプリメントもあります。ですから、少々値段が高めですが、それだけ安心できます。

医薬品基準で作られているということは、それだけ設備費がかかります。専門知識が必要です。それだけ、ちゃんとした製品を作っている会社は日本にはほとんどありません。アメリカでさえ少ないのが現状です。

また、アメリカのお医者さん用の薬の本には、サプリメントも載っているのです。その中に、日本製のサプリメントはなんと数種類だけだそうです。

漢方は薬なのか?

漢方は薬ですので、もちろん副作用があるものもあります。その辺はよく漢方医と相談
して下さい。特に漢方は今日本だけでなく世界中で注目を集めています。

注意したいのは、海外では、日本で売られている漢方薬と同じものが、サプリメントとして販売していることがあるので気をつけて下さい。

漢方は、ある意味サプリメントに近いです。体を元に戻す、自然治癒力を高める目的で使われることが多いです。もちろん、症状を抑えたりするものもありますが、基本は根治療法です。

また、ハーブはビタミンやミネラルと違い、必要な栄養素ではありません。が歴史は古く紀元前までさかのぼります。使い方は漢方と同じような使い方です。

もちろん、例外もあります。例えば皮膚の改善・脚気や壊血病、夜盲症など、ある特定の栄養素が不足すると起きる病気というものがあります。そいう場合には不足している栄養素を補うことで、その症状を改善することが出来るので、サプリメントと同じビタミンやミネラルなどが入っているのに、医薬品として売れているものもあります。

以前は、結構お医者さんでも、ビタミン剤などは薬と一緒に出してくれたのですが、法律が変わり余り出来なくなってしまいました。もちろん、欠乏症などハッキリと病気であり必要がある場合は、お医者さんでもビタミン類やミネラル類を処方してくれます。

でも、その場合『医薬品』であるので、一般のサプリメントとして売られている商品と、内容・量も違うことが殆どです。

[スポンサードリンク]