ビタミンA

栄養所要量

[スポンサードリンク]

アメリカ:5000IU
日本人:成人男性z;200IU  成人女性:1800IU
妊婦は10000IU未満

効果・効能

夜盲症(トリ目)予防、目の乾燥防止、粘膜・皮膚の正常化、
皮膚の角質化を抑制、成長促進、など

過剰症

吐き気、手足の腫れ、食欲不振、骨や関節の痛み、乾燥、
脱毛、皮膚のかゆみ、など

欠乏症

夜盲症(トリ目)、風邪を引きやすい、目の乾き・かゆみ、
皮膚の乾燥・角質化、サメ肌、生殖機能低下、脱毛、
成長阻害、骨の軟化、抵抗力の低下、など

主な食品

動物・魚類の肝臓、肝油、卵黄、牛乳、バター,ウナギ、
マーガリン、など
カロテノイドは緑黄色野菜など、

化学名

レチノ−ル

働き

ビタミンAは化学名をレチノールといいますが、レチノールをA1,誘導体のレチナールをA2、レチノイン酸をA3と呼び、これらを含て、ビタミンAに関係する複数の天然分子の総称をレチノイドといわれる一般名です。

人の体内では、ビタミンAの殆どがレチノールであるために一般にビタミンAと言われているのは、レチノールの事を指します。

ビタミンAは脂溶性なので少量の油・脂肪を含む食品と合わせてとると良いです。また、ビタミンAは多量摂取すると過剰症があるが、体内に入ると活性型ビタミンAになるプロビタミンのカロテノイド(βカロチンなど)類のビタミンA摂取すると害が出ることがないといわれている。

ビタミンAは酸化しやすく熱に不安定なので食品は長時間加熱しないようにする。カロテノイドは熱に強い。

ビタミンAは、目のビタミンと呼称で呼ばれるほど、目の網膜細胞に作用することが知られ、レチノールが網膜を意味するほど関係が深い。

そのほかにビタミンAは、細胞の成長促進、肌や粘膜の維持形成、細胞の細菌などに対する抵抗力にも関わっています。

ビタミンAの欠乏・過剰摂取

ビタミンAが欠乏すると、夜盲症といわれるとり目がよくしられ、肌の乾燥や角質化、粘膜の抵抗力の低下、それによる感染症等が言われています。

ビタミンAを摂取すると、小腸で吸収され肝臓に、脂肪酸とともに貯蓄され必要なときにたんぱく質と結合して使われます。

通常の食生活で過剰摂取は起こりませんが、ビタミンAを摂りすぎると肝臓に負担がかかり肝障害が起こるとされ、下痢、倦怠感、皮膚の障害などの症状が出ます。

例外として、アルコールを多量に摂取する人は、ビタミンAが肝障害を引き起こすことがある。

特に注意したいのは妊婦であり、奇形のリスクが高まるとされています。しかし、緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの1つであるβ(ベータ)-カロテンは、ビタミンAに比べると吸収効率が6分の1(腸でビタミンAの3分の1でビタミンAに変換されるのはさらにその2分の1とされる)と低いので過剰症は起こらないとされている。

[スポンサードリンク]